ホーム > 診療科・部門 > 中央手術部

ここから本文です。

更新日:2019年5月20日

中央手術部

概要

安心・安全で質の高い手術を目指して

中央手術部は、診療棟3階に位置し、手術室は10部屋(バイオクリーンルーム2部屋)あります。中央手術部では、年間約5000件の手術を行い、予定手術のみならず24時間365日緊急手術に対応しています。手術看護師は36人、麻酔科医3名、さらに薬剤部門・臨床工学技術室などと連携し、外科系医師と共にそれぞれの専門性を生かし、手術を受ける患者さんにより質の高い手術を提供させていただきます。昨今、低侵襲手術と呼ばれる腹腔鏡の手術件数も増加してきており、高度で複雑な医療器機を多く扱うため、専門知識を持つ臨床工学技士が常勤していることで、迅速に対応し安全に手術が行えるようにサポートを行っています。さらに、手術看護認定看護師が2人、感染管理認定看護師1人が在籍しているため、より質の高い看護を提供するために毎月勉強会を開催し、知識・技術向上に努めております。また、当院では患者さんや御家族の心に寄り添える看護を目指して、周術期(術前・術中・術後)訪問に力をいれております。手術を受けるということは、ほとんどの患者さんや御家族にとって未知で不安なものです。その漠然とした不安を理解し、患者さんや御家族が安心して手術が受けられるように努力をしています。

20190520_ope_photo_1

20190520_ope_photo_2

 

ページの先頭へ戻る