ホーム > 診療科・部門 > 栄養管理室

ここから本文です。

更新日:2019年4月25日

栄養管理室

概要

栄養管理室は、入院中の方に適した食事を提供し、食事療法が必要な方には栄養食事指導を実施しています。また、チーム医療の一員として、適切な栄養管理に努めています。

業務内容

1.食事療養サービス

保険診療に定められた入院時食事療養制度に基づき、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく適温で食事を提供しています。朝食は7時45分から、昼食は11時45分から、夕食は18時以降に提供しています。

病院食について

栄養管理室では、次のことに心がけた食事を、治療の一環として提供させていただいています。

  • 食品衛生に配慮した安心・安全な食事
  • 野菜は主に地元産・国産を使用
  • 着色料等の少ない食材を使用
  • 主にメイン料理(主菜)では、既製品より手作りにこだわった食事
  • 日本人の食事摂取基準(厚生労働省)を考慮し、薄めの味付けの食事

選択メニュー

メニューの選択が可能です。(一部の方は対象外です。)

毎日、朝食(ご飯食・パン食)と夕食(A食・B食)はお好みの食事が選べます。

ただし、朝食でパン食を選ばれた場合、あるいは夕食でB食を選ばれた場合は、それぞれの負担額に20円を加算して負担していただきます。

お祝い膳

ご出産後にお祝い膳を提供しています。和食・洋食を選ぶことができます。

お祝い膳(和食)

和食

お祝い膳(洋食)

洋食

行事食

年15回程度実施しており、メッセージカードを添えて提供しています。

行事食(桃の節句)

桃の節句

行事食(春分の日)

春分の日

行事食の例

おせち料理 鏡開き 節分 桃の節句 春分の日 お花見 端午の節句 七夕
敬老の日 秋分の日 お月見 体育の日 冬至 クリスマスイブ 大晦日  

栄養士が作ったおやつ

季節の食材を生かしたおやつを毎月1回提供しています。

平成30年度提供例

4月

5月

6月

7月

菜の花ゼリー
(レモン風味)

さつまいもケーキ

たまご蒸しパン

南国風ゼリー

栄養士の作ったおやつ

栄養士の作ったおやつ

栄養士の作ったおやつ

栄養士の作ったおやつ

8月

9月

10月

11月

桃のブラマンジェ

杏仁豆腐

かぼちゃケーキ

二色ゼリー

栄養士の作ったおやつ

栄養士の作ったおやつ

栄養士の作ったおやつ

栄養士の作ったおやつ

12月

1月

2月

3月

ロールケーキ

ゆずゼリー

豆腐入り蒸しパン

ほうじ茶プリン

栄養士の作ったおやつ

栄養士の作ったおやつ

栄養士の作ったおやつ

栄養士の作ったおやつ

嚥下や咀嚼(飲み込むことや噛み砕くこと)が困難な方への食事

嚥下や咀嚼機能に応じて、分量や形態に考慮した食事を提供しています。

 

1期(ペースト)

 

 

2期(みじんぎり)

 

 

3期(あらきざみ)

 

 

4期(一口大)

 

上記以外に、やわらかく、飲み込みやすいゼリーを訓練開始食として提供しています。

化学療法・放射線治療により食欲がない方への食事

化学療法や放射線治療を行い食欲がない方に、希望により昼食を食べやすいメニューに変更して提供しています。

食思不振メニュー(昼)

温うどん

冷うどん

煮麺

冷麦

カレーライス

いなりずし

たこ焼き

フルーツ盛り

*フルーツ盛りを除き、全てのメニューに果物ゼリーが付きます。
*ハーフ食にも対応します。
*内容は変更することがあります。

2.栄養食事指導

医師の指示に基づき管理栄養士が食事療法について説明します。

個人栄養食事指導

入院中の方・外来通院中の方に日々の食事について、個別に指導を行います。ご本人の希望により継続した指導も行っています。

当院外来に通院されていない方も、かかりつけの先生の紹介があれば、指導を受けることが可能です。

集団栄養食事指導

入院中の方・外来通院中の方に糖尿病や腎臓病などの食事療法について、集団指導を行っています。参加を希望される方は主治医にご相談ください。

3.栄養管理

  • 入院される方には栄養状態調査票や身体計測、血液検査などにより栄養状態を評価して適した栄養療法を行っていきます。
  • 入院中の方に適した栄養療法を行うことが栄養サポートであり、栄養サポートを実施するチームが『栄養サポートチーム(Nutrition Support Team(以下:NST))』です。
  • 当院のNSTは医師・歯科医師をはじめとした多職種(看護師・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士・歯科衛生士・管理栄養士等)の医療スタッフがチームを組んでいます。栄養状態の悪い方には、NSTが病棟回診を行っています。
  • 栄養状態の悪い方には食事調査を行い、喫食不良が続く方には出来る限りその方にあった食事を提供しています。治療上栄養補給が必要な方には栄養補助食品の提供もしています。

ページの先頭へ戻る