ホーム > 診療科・部門 > 技術局

ここから本文です。

更新日:2019年3月28日

技術局

概要

技術局は、臨床検査技術室、放射線技術室、リハビリテーション技術室、臨床工学技術室、栄養管理室、臨床心理室の6部門で構成されています。

各部門は適切な医療技術を提供する責務があると同時に、医療の安全と安心のために患者さんを中心としたチーム医療へ積極的に参加しなければなりません。そのため、各部門が病院の方針を理解して地域に貢献できる部門運営を行い、最適な医療技術を提供するとともに、情報を共有して活動内容の見える化を行うことで、協働する意識を高めています。また、人間性と医療技術の両面を絶え間なく研鑽できる環境をつくっています。これにより、良質で高度な医療技術を効率的に提供するのはもちろんのこと、部門間の連携を強化することで安全・安心な医療を提供しています。そして、職員の社会的な背景を考慮できる働きやすい職場環境の構築を推進しています。

平成31年4月1日
技術局長 山添 智

方針

  1. 受診者と信頼関係を構築して、安心できる医療を提供します。
  2. 良質かつ高度な医療技術を効率的に提供するために絶えず研鑽します。
  3. 診療部門や看護部門、薬剤部門、事務部門との密接な連携を行うことで、チーム医療の充実に努めます。
  4. 地域との連携を密にした地域完結型医療に協力します。
  5. 情報の共有化を図り病院経営へ貢献できる部門運営を行います。
  6. 働きやすい職場環境を目指し、ワーク・イン・ライフの達成に努めます。

技術部門一覧

ページの先頭へ戻る