ホーム > 診療科・部門 > 外来化学療法センター

ここから本文です。

更新日:2021年5月11日

外来化学療法センター

概要

近年、がんの化学療法は急速に発展してきました。従来では入院治療が化学療法の中心でしたが、新規坑腫瘍剤やその副作用に対する支持療法の発展により外来治療が可能となりました。安全性や快適さを備えた治療が受けられるよう当院では平成19年3月から専任の医師、看護師、薬剤師を配置した外来化学療法センターを開設しました。

また、がんに関するご相談をお受けするために「がん相談支援センター」を設置いたしました。

化学療法センターの受診を希望される方へ

外来化学療法センターの受診対象者は、当院各診療科で治療中の方としています。他院にかかられている方は各診療科(外科、消化器科、産婦人科など)あての診療情報提供書(かかりつけの診療所や病院の医師が書いたもの)をご持参ください。各診療科の医師が診察の上、病歴や検査などの結果により最適な治療法(化学療法レジメン)を選択し、化学療法センター医師と連携して外来化学療法を行ないます。消化器がん、乳がん、肺がん、婦人科領域がん、泌尿器科領域がん、頭頸部がん、皮膚がんや消化器科疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、整形外科疾患(関節リウマチ)などを対象として治療を行っております。外来通院が可能な地域にお住まいの方で、外来化学療法センターでの治療を希望される方は、かかりつけの診療所や病院の医師にご相談ください。

受診の流れ

  1. かかりつけの診療所や病院の医師から当院へ受診を希望される方をご紹介いただきます。
  2. 当院で各診療科の外来を受診し、各診療科の医師が外来化学療法が必要で可能と判断した場合、外来化学療法センターで治療します。

当院採用レジメン一覧

当院採用レジメン一覧(PDF:1,571KB)

なお、このデータは最新のものでない場合があります。
本レジメン一覧を参考にレジメン作成はご遠慮ください。当院では、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

問い合わせ

  • 化学療法に関する問い合わせ
    外来化学療法センター
  • レジメンに関する問い合わせ
    薬剤局 医薬薬連携について

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る