ホーム > 診療科・部門 > 薬剤局 > 保険薬局の皆様へ

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

院外処方せん疑義照会について

当院では、処方に関するお問い合わせはFAXで行なっております。

院外処方せんの右側に疑義照会記入欄がありますので、記入後下記まで送信お願いします。

  • FAX番号:0568-57-0094

疑義照会の簡素化および銘柄変更の連絡不要について

春日井市民病院では、当院が定める疑義照会の簡素化プロトコルに同意した保険薬局との間で疑義照会の簡素化を行っております。

また、当院と保険薬局が合意の下であれば、院外処方せん調剤時ににおける銘柄変更の連絡も不要としております。

今後、プロトコルを確認し疑義照会の簡素化に同意される保険薬局や院外処方せんに関するご意見・ご確認等は以下にご連絡ください。

連絡先

春日井市民病院薬剤局
電話 0568-57-0062(調剤室)

院外処方せんへの臨床検査値の記載について

春日井市民病院では、医薬品の安全で適正な使用をする観点から平成29年5月29日より患者さんの臨床検査値の13項目について院外処方せんに記載します。記載される検査値は過去3ヶ月以内に測定された直近の値となります。
記載される検査値項目、基準値などの詳細については以下の「院外処方せん検査値一覧表」にてご確認をお願いします。

連絡先

春日井市民病院薬剤局
電話 0568-57-0062(調剤室)

残薬調整に関するお知らせ

春日井市民病院は保険薬局と連携し、患者さんのご自宅にある残薬の有効活用を推進しています。活用した残薬は医療費(医薬品費)の削減効果を測るために、春日井市民病院薬剤部にて集計しています。

【春日井市民病院の院外処方箋で残薬調整した場合】

平成30年10月以降、当院の院外処方箋には、処方医の指示として「残薬調整後の報告可」と記載されます。当院の院外処方箋を応需し、残薬調整を行った場合は、「残薬調整報告書」(ワード:21KB)を利用して当院宛にご連絡ください。

【春日井市民病院以外の院外処方箋で残薬調整した場合】

同様に春日井市民病院以外の医療機関で発行された院外処方箋において、残薬調整をされた場合にも春日井市における医療費(医薬品費)の削減効果として集計しますので、「残薬調整連絡票」(ワード:20KB)を利用してご連絡ください。

お薬手帳用シールなどを貼付し、減らした数量を記載してFAXにて送信していただいても結構です。

残薬調整をした場合の記載例(PDF:104KB)

  • FAX番号:0568-57-0094

在宅患者訪問薬剤管理指導のご案内

日頃より地域連携にご協力賜り、誠にありがとうございます。
当院では、平成25年3月より在宅患者訪問薬剤管理指導指示書の対応をしております。各薬局様につきましては、患者様よりご相談があった場合、次の依頼方法にて春日井市民病院までご連絡をいただきますようよろしくお願いいたします。

在宅患者訪問薬剤管理指導指示依頼・変更方法

  1. 在宅患者訪問薬剤管理指導指示依頼・変更書をダウンロードしてください。
  2. 依頼・変更書に必要事項を記入の上、当院医療連携室(FAX番号0568-82-9345)までFAX送信してください。
  3. 当院医師記載後、貴局に郵送させていただきます。

在宅患者訪問薬剤管理指導指示依頼・変更書のダウンロード

在宅患者訪問薬剤管理指導指示依頼・変更書(PDF:57KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る