ホーム > 診療科・部門 > 血管内治療センター > ステントグラフト内挿術

ここから本文です。

更新日:2018年12月18日

ステントグラフト内挿術

ステントグラフトとはステントという金属メッシュの管の外側にグラフトという人工血管を貼り付けたものです。これを血管の中に留置することで弱くなっている血管を補強する治療です。

自家製ステントグラフト

既製ステントグラフト

ステントグラフト実物ステントグラフト使用イメージ
2007年に、ステントグラフト内挿術を行うための器具が厚生労働省に診療材料として認可されました。
現在、当院では5種類使用可能となっています。

診療科:血管外科

血管の破裂や動脈瘤の治療方法は血管塞栓術や外科的な手術だけではありません。当院では治療を受けられる方にできるだけ低侵襲の治療を選択するために血管の場所や形状によりステントと人工血管を組み合わせたステントグラフト内挿術も行っており、平成27年度は約10件行っています。

ページの先頭へ戻る