ホーム > 診療科・部門 > 消化器内科 > 消化器内科の診療実績

ここから本文です。

更新日:2018年12月8日

消化器内科の診療実績

消化器がんの化学療法

近年、各種がんに対する有効な薬剤の開発が急速に進んでいます。外科的手術ではなく化学療法が必要となる消化器がんの治療を積極的に行なっています。

平成28年の消化器内科担当の新規症例数

  • 食道がん:10例
  • 膵臓がん:13例
  • 胃がん:22例
  • 胆管がん:1例
  • 大腸がん:15例
  • 胆嚢がん:1例

主な検査件数と治療実績

 

2015年

2016年

2017年

胃カメラ(経鼻カメラを含む)

4,278

4,062

3,869

上部消化管止血術

180

169

140

上部消化管内視鏡的粘膜下層剥離術(食道ESD・胃ESD)

66

75

82

内視鏡的食道静脈瘤効果療法・結紮術(EIS・EVL)

58

68

58

 

 

 

 

大腸カメラ

2,687

2,658

2,763

大腸内視鏡的粘膜切除術(EMR)

516

499

482

大腸内視鏡的粘膜下層剥離術(大腸ESD)

47

56

49

 

 

 

 

内視鏡的胆道ドレナージ術(ENBD・ERBD・胆道ステント)

219

219

194

内視鏡的胆道結石砕石術・採石術

185

169

172

 

 

 

 

小腸ダブルバルーン内視鏡検査

26

17

12

カプセル内視鏡

16

31

21

超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)

21

20

33

 

 

 

 

経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)

22

31

26

肝動脈化学塞栓療法・動注療法(TACE・TAI)

100

92

118

ページの先頭へ戻る