ホーム > 診療科・部門 > 整形外科 > 整形外科の実績

ここから本文です。

更新日:2019年5月15日

整形外科の実績

手術件数

平成30年の手術件数は1,243例でした。そのうち骨折の手術687例と多く、超高齢社会を迎え大腿骨近位部骨折284例と最多で、橈骨遠位端骨折71例、その他の骨折手術が332例でした。

脊椎の手術は41例であり、老齢化に伴う腰部脊柱管狭窄症と頚髄症の手術が大部分を占めています。
関節の手術も増えていて、人工関節置換術が53例、関節鏡手術が80例でそのうち靭帯再建術が22例でした。

骨折

大腿骨近位部骨折

転子部骨折

129

284

687

頸部骨折

骨接合術

34

人工骨頭、人工関節

121

橈骨遠位端骨折

71

その他の骨折

332

脊椎

41

関節

人工関節置換術(股関節26、膝関節27)

53

161

関節鏡手術 80
内 靭帯再建術 22

80

その他関節

78

その他(筋、腱、植皮など)

354

合計(一部重複あり)

1,243

ページの先頭へ戻る