ホーム > 診療科・部門 > 医師事務作業補助者 > 循環器内科配属の医師事務作業補助者 > 外来に配属のKさん

ここから本文です。

更新日:2020年5月7日

外来に配属のKさん

Kさんにインタビュー

事務スタッフでありながら、医療現場の最前線で働くことができることに非常にやりがいを感じています。

循環器内科外来には様々の疾患・状態の患者さんが来院されます。初めてご来院される方の多い紹介初診を受診される患者さんには、待ち時間短縮を心がけるとともに、各検査部門までのエスコートしご案内することもあります。
年に1回定期検診に受診される心筋梗塞の既往のある患者さんでは、状態に応じた追跡検査が行われます。このような患者さんには検査手順の説明が主な業務になります。
医師とともに患者さんの臨床経過を確認し、医師に代わり患者さんに分かりやすい説明を行うよう努めています。
最近は、心不全状態で紹介来院される患者さんが増えています。そのような患者さんにはすぐに治療が開始になることがありますので、速やかに医師、看護師及び医療事務員等と連携し、多職種で対応しています。

Kさんの一日

8時30分~9時 出勤、外来業務準備

  • 受診患者さんのリストの確認
  • 他の診療科からの依頼状況の確認 などす。

9時~13時 外来業務開始

  • 患者さんが受付から30分以内に診療(ファーストタッチ)できるように順序を調整します。また、初めて来院された方であれば、次の検査受付窓口までエスコートします。
  • 冠動脈CT検査、心エコー検査等の説明や問診を行います。
  • 外来処置コストを算定します。
  • 医師が作成した診療情報提供書を患者さんに渡します。

13時~14時 昼食休憩

病院内で少し遅めのランチ。

14時~17時 外来業務は一段落

入院証明書、介護保険主治医意見書、傷病手当などの文書作成補助業務を行います。

17時15分 業務終了

ページの先頭へ戻る