ホーム > 看護局 > 看護局紹介 > 看護局長挨拶

更新日:2018年12月18日

ここから本文です。

看護局長挨拶

看護局長 根岸 かほり

根岸かほりの顔写真
日本は、超高齢社会で世界をけん引していると言われています。この長寿社会で自分らしく生き抜くことことを支援するために、私たち看護師はどのような期待を担っているのでしょうか?

当院は、F・ナイチンゲールの教えに沿った看護を提供できるように日々研鑽し、対象に三重の関心を持つ事を主軸に据えて看護を実践しております。三重の関心とは、「対象への知的な関心」「実践的・技術的な関心」そして「心のこもった人間的な関心」です。「心のこもった人間的な関心」は、支援を必要とする人々の多様な価値観を尊重し、その人の生活そのものを支える基盤となっています。

春日井市民病院看護局は、急性期病院の看護師として最新、最善の看護が提供できるよう絶えず学び続けてまいります。そして、支援を必要とする人々の「いのち」「尊厳」と真摯に向き合いながら、多くの皆様からの期待・信頼に応えられるよう努めてまいります。
また、支援を必要とする人々、地域の皆さま、そして働く職員にとって価値を生み出す組織でありたいと願っています。

ページの先頭へ戻る