ホーム > 診療科・部門 > がん相談支援センター > リンパ浮腫看護外来

ここから本文です。

更新日:2018年12月18日

リンパ浮腫看護外来

リンパ浮腫は、がんの治療において、リンパ節を取り除く手術や放射線治療によってリンパ液の流れが停滞し、腕や脚がむくむことをいいます。
リンパ浮腫の発症後は早い時期からの適切な治療を始め、悪化を防ぐことが重要です。
当院のリンパ浮腫看護外来では、乳がんや婦人科がん、前立腺がんで治療を受けてリンパ浮腫を発症した方や、先天性のリンパ浮腫の方などに対しリンパ浮腫の知識を専門に習得している医療者(リンパ浮腫セラピスト)が治療や症状の緩和をはかります。

対象

乳がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がん、悪性黒色腫などの手術後に腕や脚のむくみが気になる方
医師の指示が必要です。医師にご相談ください。
一部の患者さんは保険適応となる場合があります。

料金

  • リンパ浮腫ケア施術料
    1時間 3000円
    10分追加毎 500円
  • 計測・相談・指導・弾性着衣の更新  1000円
    弾性着衣・弾性包帯の料金は別途必要です。

予約

完全予約制

  • 施術 月曜日~金曜日(祝日を除く)
  • 場所 セラピストルーム
  • 受付 リハビリテーション科
  • お問い合わせ先 がん相談支援センター
  • 電話 0568-57-0684

リンパ浮腫講習会

対象

当院で乳がん手術を受けられた方

内容

  • リンパ浮腫について
    • 早期発見のための自己チェック
    • 蜂窩織炎について
    • 日常生活の注意点
  • ヨガ
  • 座談会
    下着なども、ご自由にご覧ください

定員・料金

  • 10名程度
  • 無料

予約・問い合わせ先

外科外来
電話:0568-57-0057

ページの先頭へ戻る