ホーム > 研修医・専攻医トップページ > メッセージ > 院長挨拶

ここから本文です。

更新日:2018年12月18日

院長挨拶

春日井市民病院長 成瀬 友彦

春日井市民病院で研修を!

病院長:成瀬友彦当院は、愛知県尾張北部医療圏の基幹病院として急性期医療を担っています。平成30年度の救急車受け入れ台数は9,800台でした。断らない救急をモットーにしており、地域住民から厚い信頼を得ています。尾張北部医療圏で初めて「地域医療支援病院」に認定されています。また、「災害拠点病院」、災害派遣医療チーム(DMAT)の指定も受けており、名実ともに大災害時の基幹病院となります。「愛知県がん診療拠点病院」にも認定されていています。動脈硬化外来、化学療法センター、糖尿病センター、脳卒中センター、物忘れ外来などを開設しており、国のプロジェクトである5疾病に対する充実した対応の下、地域医療に貢献しています。卒後臨床研修評価機構の認定も受けており、日本病院会のQIプロジェクトにも参加して病院の質の向上を行っています。

初期臨床研修の特徴

救急診療では研修医がファーストタッチすることにより、実のある研修が行えるだけでなく、各診療科の部長や指導医と藤田保健衛生大学総合救急内科医師が指導を行うことにより、安心して救急患者の初期対応への訓練が可能です。研修修了時には一人前の医師に成長できることを保証します。救急患者の画像診断については、翌日放射線科専門医が全てのCTやMRの所見を読影し、研修医にフィードバックされます。研修医教育の一環として、ドクターGとして有名な山中克郎先生(福島県立医科大学 会津医療センター 総合内科 教授)による教育症例カンファレンスが毎月1回行われます。また、救急に携わっている医師によるミニレクチャーが週1回行われています。月に2回合同内科勉強会にて各科の経験したヒヤリハット症例を提示し、情報の共有化も図っています。全科医師合同勉強会や医局懇親会も定期的に開催され、多忙ではあるものの有意義で楽しい研修生活になります。様々な急性疾患を実地で経験できる当院での研修は総合診療医としての基本的能力を形成するために十分なものであると考えています。研修2年目には選択科目の期間が7.5か月あり、専門をめざした研修も行うことができます。また、当直明けは全日職務免除ですので、安心して当直業務に従事できます。

専攻医研修

当院は初期研修修了後の進路について、真摯に相談に乗っています。臨床系の大学院に入学する、関連大学医局の方針で大学に帰局する者以外は、全員が当院での専攻医研修を希望し、実際に希望者全員が専攻医として採用されています。平成28年では9人中8人が専攻医として残りました。当院での勤務が研修医にとって満足できるものであり、継続して当院での後期研修を選択してくれたものと感じています。専攻医研修プログラムは病院HPで閲覧できます。ほとんどの診療科が関連学会指定の教育病院に認定されていますので、専門医取得も可能です。医師としての技量と将来性は研修をいかに充実するかにかかっています。「実りある研修医時代」を初期、後期とも当院にて送ってください。専攻医としての1年間の専攻医研修終了段階で、各診療科の長が許可すれば、正式な医員として採用されます。年収は当直、時間外手当などを入れて、税込で約1,100万円です。また、他院で初期研修修了者の当院での専攻医研修も受け入れていますので、一度病院見学に来てください。

ページの先頭へ戻る