ホーム > 看護局 > みんなの働き方 > ワークライフバランス > 東病棟6階(呼吸器内科・腎臓内科)春田実生

更新日:2018年12月18日

ここから本文です。

東病棟6階(呼吸器内科・腎臓内科)春田実生

既婚 子ども1人
市外の総合病院外科勤務を経て、2015年に入職。

春田

現在の仕事内容は

主に呼吸器内科・腎臓内科の患者さんを担当しています。東病棟6階は透析センターと一元化されているため、透析について患者さんへの指導も行います。人生の最終段階を迎える患者さんも多いので、思いを汲み、寄り添うことを中心に、精神的な支援をチームで展開。日々責任の重さを実感しています。

妊娠がわかったとき

とても嬉しかったです。師長さんに報告すると、みんなの前で「重いものなどを持たなくていいように、なるべくフォローしましょうね」と話してくださり、気が楽になりました。申請して、夜勤も免除してもらいました。当時は他にも妊娠中のスタッフがたくさんいたので、相談し合い、協力していました。

復職後の勤務スタイル

子どもが2歳になる前の4月に復帰しました。ただ、どの程度育児と両立できるかがわからなかったので、4種類ある「育児短時間勤務」制度から、一番短時間である週19時間25分の勤務時間を選びました。午後3時に日勤を終えて、一緒に公園に行って遊んだりすることもあります。現在は、回数を選んで夜勤も行っています。

復職してよかったこと

子どもと離れることが不安で、寂しい気持ちがありました。でも仕事に戻ってみると、愛しさが倍増!一緒に過ごす時間がありがたく感じられ、今まで以上に育児が楽しめるようになりました。そのことに支えられ、やりがいを実感しながら仕事に取り組めています。

春田

ページの先頭へ戻る