ホーム > 診療科・部門 > 薬剤局 > 医薬薬連携について

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

医薬薬連携はじめました

医薬薬連携ファイル(通称:おくすり連絡帳)をお持ちの患者さんへ

最近のがん治療は、外来中心の治療になっています。春日井市民病院では、地域の保険薬局などの医療機関と連携し、あなたの治療をサポートします。おくすり連絡帳を利用することにより、効率よくあなたが思っていることを医療関係者に伝えることができます。

是非ご活用ください。

こんなことを記載してください

例)

  • 自分の体調
  • くすりの飲み忘れ
  • くすりの服用で困っていること
  • 外来で伝え忘れそうなこと

医療関係者の皆様へ

春日井市民病院薬剤局は、平成26年度の組織目標に地域医療への貢献を掲げています。安全ながん治療を実施できるように、大腸がん患者の治療を地域の医療機関と連携することをはじめました。患者さんがおくすり連絡帳のファイルを持参した際には、ぜひご協力お願いいたします。

運用方法については、「医薬薬連携ファイル 運用方法」をご覧下さい。

医薬薬連携ファイルの運用方法(PDF:594KB)

医薬薬連携患者情報報告書(PDF:47KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る