ホーム > 診療科・部門 > 産婦人科 > マイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)始めました

ここから本文です。

更新日:2019年10月25日

マイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)始めました

マイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)マイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)は子宮筋腫や子宮腺筋症に伴う過多月経を軽減するために子宮内膜にマイクロ波を照射して、子宮内膜を壊死させる方法で、術後は出血量が軽減されます。子宮を摘出せずに短時間ででき、負担も少ないため当院では手術当日入院の1泊2日の入院で行っています。

適応

  • 子宮筋腫・子宮腺筋症による過多月経がある
  • 内膜の変形がない
  • 妊娠していない
  • 今後妊娠希望がない
  • 子宮がんや卵巣がんの悪性疾患がない
  • 子宮壁の厚みが10mm以上

副作用

  • 下腹部痛
  • 血液混じる帯下が二週間~一か月ほど持続します

ページの先頭へ戻る