更新日:平成30年10月17日

薬剤師研修生(薬剤師レジデント)制度のお知らせ

春日井市民病院薬剤師研修生制度について

薬学部は6年制教育となりましたが、臨床実習は病院と薬局それぞれ11週間と短く、医療現場で活躍するためには卒後に学ぶべきことが沢山あります。近年では、チーム医療の広がりや専門薬剤師制度により、病院薬剤師の活躍の場は、がん治療、疼痛緩和、感染対策、地域連携等多岐にわたっています。また、昨今では世の中にあふれている医薬品情報をどのように利活用するかという、いわば薬剤師全員が持つべき情報リテラシー能力の向上が必須となっています。
しかし、このような医療は全ての病院でおこなっているわけではなく、就職した環境に左右されます。
また、今日の医療は一人の患者さんを地域の複数の医療機関それぞれが持つ機能を用いて、急性期や慢性期といった病期に分けて担当します。これには円滑な医療連携が重要となり、特に地域の保険薬局薬剤師に求められる急性期や終末期に関する知識・技能はとても重要なものとなっています。

一方で、かつては病院に勤務していた方が、育児等様々な理由により離職後に復職を希望するものの、復職することに対する不安を感じておられれる方もいらっしゃると思います。
「春日井市民病院薬剤師研修生制度」は、このような方を対象とし、

  • より高度で実践的な知識・技能の取得
  • 復職への不安の解消や最新の知識・技能の取得

を目的として、“働きながら学べる環境”を提供するものです。

研修概要

(1)目標

「安全で有効な薬物療法を提供できる薬剤師の育成」
この目標を達成するために、次の能力等を育成します。

  • 「情報伝達者」、「意思決定者」、「教育者」、「生涯学習者」としての能力、態度、技能
  • 薬物療法に関する信頼性の高い情報を提供できる能力
  • ハイリスク薬や取り扱いに注意を要する医薬品の安全管理能力
  • がん、糖尿病、感染症、CKD、電解質・栄養状態異常に関する病態と薬物療法に関する能力
  • チーム医療の実践能力
  • 研究できる能力

(2)カリキュラム

原則2年間で最長5年(1年終了時に毎年継続確認)
研修プログラムは こちら を参照してください。
※研修プログラムは変更となる場合があります。

薬剤師研修生(薬剤師レジデント)の募集の際には、ホームページにてお知らせします。

 

pagetop