更新日:平成28年10月24日

女性専任により、安心できる乳腺検査を行っています

放射線技術室 乳腺検査部門

女性にとって乳がんは罹患率が高く、早期発見が大切です。春日井市民病院では乳腺検査についてNPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会・日本乳腺甲状腺超音波診断会議(JABTS)などの講習を修了した(女性)技師5名を含め7名で担当しており、精度の高い検査情報を医師に提供しています。
月一回の乳腺外科・乳癌学会認定医との症例検討会のほか、放射線診断医・病理医を交えた術後症例検討会などに参加し、精検施設の技師にふさわしい知識と技量を身につけるよう日々研鑽しています。
乳腺疾患にかかわる検査のうち、マンモグラフィ検査、乳房超音波検査は女性技師専任により、安心して受診していただけます。

乳腺検査_絵1

マンモグラフィ検査

当院ではFPDによるデジタル撮影を行っています。
通常は2方向撮影を行っており、必要に応じて3D撮影・スポット撮影・拡大撮影などさまざまな撮影法にも対応しています。
担当女性技師が常駐していますので、通常診療時間内であればいつでも撮影可能ですが、少しお待ちいただくこともありますのでご了承ください。

乳腺検査_絵2

乳房超音波検査

1件あたり約40分の予約検査として行っています。
精密検査として十分な時間を確保し丁寧に検査を行っているため、主訴とは違う部位での乳癌の発見も少なくありません。
また、病変の発見にとどまることなく、できるかぎり正確な質的およびひろがり診断を行うことを目標としています。

使用装置はハイグレードモデルで、組織の歪みを画像化し、硬さの情報を提供することができるので非触知乳癌や非腫瘤形成性乳癌の発見・診断に威力を発揮しています。

CT・MR検査

他疾患の診断目的の胸部(または腹部)CT・MR検査においても多数の乳腺疾患を指摘しています。
CT検査、MR検査は女性技師専任ではありません。

注意

春日井市民病院は乳腺疾患の健診業務は行っていません。自覚症状のある方、かかりつけ医からの紹介の方、もしくは人間ドックなどの健診で精密検査が必要な方を対象としています。ご了承ください。

pagetop